一回目のセッションで、呼吸法で音声チックが治まった時、次男本人も手応えがあったようで、自信のある表情になったことが印象的でした。

◉CBIT療法を受けられる前のお子さんの状況を教えてください

中2長男と小4次男、兄弟でお世話になりました。

兄は、小学2年頃から口ゆがめと、頬を指で押して口の中を噛む、指の皮をむくチックが長年続いておりました。

次男は長男より色々と目立ち、幼稚園の年中に瞬きから始まり、小学2年の時に急に悪化しました。

その時は歯をカチカチする、腕を叩きつける、首をがくんと動かす、音声、ジャンプなどの症状が次々に出ました。

その後は通院で投薬もしながら、新たな症状が出ては引いてを繰り返しています。

◉今回CBIT療法を受けられることを決めた理由を教えてください

インターネットでCBITを知り、本人がコントロールする方法を学ぶことは、今後症状に波があっても必ず力になると思いました。

次男には、10歳を過ぎて次に症状が目立ち始めたら、CBITを始めたいと機会をみて話していました。

次男は不安もあり乗り気ではなかったのですが、人目が気になる年齢になった長男が、「口の癖をなんとかしたいから自分はCBITやりたい!」ととても前向きでした。

次男も兄と一緒なら、と前向きになったタイミングで木田さんにご相談し、二人一緒にセッションをして頂くことになりました。

◉お子さんがCBIT療法を受けられている中で変化したこと、気づいたこと、成果があれば教えてください

一回目のセッションで、呼吸法で音声チックが治まった時、次男本人も手応えがあったようで、自信のある表情になったことが印象的でした。

目が上に向いてしまうチックがしばらく続いていましたが、こちらもセッションを続けていくとコツをつかめたようで、「自分で薄目にすると衝動が減りやすい!」と言ってCBITをしていました。

長男も、頬を指で押すチックは一日目から減り、リビングなどにいる時はほぼ出なくなりました。

ただ一人の時に衝動が強くなるそうで、お風呂や勉強中にどうするかを本人なりに考えていたところ、「湯舟でCBITをするととてもリラックスできる」と気づき、お湯につかりながらヒーリング音楽を流し、呼吸アプリに合わせてCBITを行うことを日課としています。

次男は促さないと難しい時も多いのですが、寝る前にCBITや瞑想をして心を落ち着かせることを日課としています。

◉CBIT療法を受けた感想を教えてください

病院、カイロプラクティック、栄養療法、漢方など色々と試しておりますが、CBITは受け身ではなく自分の意志でチックをコントロールできるという点が大きく違いました

衝動を数値化して、減っていく感覚を自分で掴む方法もとても分かりやすく、子どもにも取り組みやすいと思いました。

◉CBIT療法をどんな人に勧めたいですか

チックで悩み、不安を抱えている方には是非受けてほしいです。

本人の意識や、やる気がプラスの方向であることも大切に思いますので、後ろ向きなお子さんには体験談などを活用してお話するのもよいかと思います。

息子たちは、同じ悩みをお持ちの木田さんとお話をし、セッションができたことは、とても大きかったと話していました。

本当にありがとうございました。

お兄ちゃんのチック階層表

チックトゥレット 兄の階層

弟くんのチック階層表

チックトゥレット

木田のコメント

千葉県の中2と小4の男の子の兄弟です。

中2のお兄ちゃんはとてもノホホンとしていてすごく穏やかな性格であるのに対し、小4の弟くんは気が強いというか、頭の回転が速いというか、お兄ちゃんの言うことにいちいち鋭い切り返しを入れて、お兄ちゃんはその度にタジタジとなるという、いったいどっちが兄貴やねんみたいなやたら面白い兄弟でした。

普通中2のお兄ちゃんに小4の弟って口で勝つなんてなかなかできないですよね。

お兄ちゃんはノホホンとしていつつも粘り強い性格なようで、お母さんが書いておられるように、自分でCBITに色々と工夫を加えながら自分のものにしていってました。

CBITはそういう自分で工夫する子には特に向いているという感じがします。

弟くんは回転が速い分、癇癪を起こすところも結構あるみたいで、その点は弟くんはトゥレットらしいといえばトゥレットらしく、お兄ちゃんは、こんなのんびりした子にもチックって出るんだなと思わせるような興味深い違いが見られました。

弟くんはお兄ちゃんほど熱心ではなかったようですが、飲み込みが早い分CBITの勘所もつかみやすかったようで、最後の方にはチックのコントロールを概ねマスターしていたようでした。

兄弟を同時にセッションするというのは実はなかなか難しく、時間も足りないし、2人の足並みが揃わなかったりして上手くいきにくいことが多いのですが、この2人の場合は最後のセッションでは2人とも衝動が全くないところまで行くことができ、私もホッとしました。

性格は大きくちがう兄弟でしたが、2人とも明るくて前向きで、ええ奴らやなあと思わせてくれる男の子たちでした。

無料で7日間メールが届く簡単な「CBIT療法 通信講座」を行なっております。

下記より「お名前」と「メールアドレス」をご入力の上、お気軽にお申し込みください。

CBIT療法 無料簡単 通信講座