日々表情も明るくなり、怒りの衝動の頻度も減ってきました。

 

◉CBIT療法を受けられる前のお子さんの状況を教えてください

音声チック、まばたき、首振り、目ギョロ、指さし、その他、日々色々なチックの組み合わせのオンパレードでした。

症状がひどい時には、勉強も集中できなかったり、スポーツでも特に球技については困難だったようです。

また、ちょっとしたことでも怒りが爆発することが多かったです。 

 

◉今回CBIT療法を受けられることを決めた理由を教えてください

病院へも定期的に通い、お薬も処方されておりましたが、全く改善せず、漢方も試し、電気針の治療にも通いました。

全て納得いくような効果が得られず、困り果てながらインターネットで何かないか?と探していたところ、木田さんのCBITにたどり着いた次第です。

これならいけると感じ、お願いさせていただきました。

 

◉お子さんがCBIT療法を受けられている中で変化したこと、気づいたこと、成果があれば教えてください

今まではチックのせいで○○ができない、自分にはチックがあるのでできなくても仕方ない、そうでしょ?という感じで色々なことを諦めたり投げ出したりしておりました。

それがCBITのセッションを受けていくうちに、チックは自身でコントロールできる、苦しかった今までとは違う生き方ができるという自信がついてきたのでしょうか?日々表情も明るくなり、怒りの衝動の頻度も減ってきました。

親である私もチックの症状が出る度に苦しく悲しくなっていましたが、今では精神的にも落ち着いて過ごすことができています。

今、受験生なのですが、症状がひどく出ているときには、勉強も集中できずで苦しみ、いつも怒りの衝動が出ている日々でしたが、今は落ち着き、集中もできているようです。

 

◉CBIT療法を受けた感想を教えてください

満足、感謝の言葉しかありません。

CBITと木田さんに出会う前は、子供の将来を心配し、社会人になって生きていくためにと親の私どもが大学、そして資格を持つということを言い聞かせ、子供の気持ちに寄り添ってあげられていませんでした。

しかし、セッションを受けていくうちに子供が自分で望んで決めた道に進ませても大丈夫だと思えるようになりました。

木田さんがセッションの中で色々な話をしてくださったことも、非常に大きかったと思います。

本当に出会えて良かった。

出会えた事に感謝の気持ちでいっぱいです。 

 

◉CBIT療法をどんな人に勧めたいですか

子供と同じようにチックに苦しんでいる人全てに勧めたいと思います。

息子は18歳でCBITと出会いセッションを受けました。

他のお子さんは幼稚園、小学生が多かったため、遅すぎるか?と非常に心配、不安でしたが、年齢は関係ないように感じます。

特に呼吸法は抜群で、全てに対応できるように思います。

これはチックでない方も日々時間があるときに行うと落ち着き、頭も身体もすっきりするので万能だと思います。 

CBITチック・トゥレット

 

木田のコメント

愛媛県の高3男子君です。

受験生なので、今追い込みの真っ最中です。

CBITの基本セッションは8回ですが、チックを徹底的にコントロールして支配下におき、受験を制するという意味もあって、基本セッションを2回やり、さらにもう1回やろうとしているところです。

2回目のセッションでは、瞬きから始まる顔しかめのチックが激しく出ていました。

まず目をぎゅっとつぶるチックがあって、その後に顔の下半分を歪めるように動かすチックが出てきます。

これは複数のチックがつながって出てくる連続チックと言います。

連続チックは、最初のチックを止めてしまうと、後のチックは出てこないことが多いのです。

高3男子君に、目をぎゅっと見開いて瞬きを完全にコントロールした状態にして、顔しかめが出てくるかどうかをやってもらったところ、目を開いた状態では顔しかめは出せないことがわかりました。

CBITの拮抗反応として、目をぎゅっと見開いて、パチパチと自分で意識した瞬きだけをするように目の周りの筋肉に力を入れていくようにしました。そしてゆっくりと深呼吸を入れていきます。

目の瞬きチックさえしっかりと止めてやれば、顔しかめは出てきません。

そのまま数十分深呼吸を続けると、瞬きの衝動も顔しかめの衝動も減っていき、ついにはゼロになりました。

この時に高3男子君は、チックは自分の意志でコントロールできるものなんだということに気づいたのだと思います。

この男子君は怒り衝動もかなり激しかったようなのですが、チックを自分でコントロールできることに気づいてから、家族に対して怒りを爆発させることが非常に少なくなっていったようです。

チックや怒り衝動を自分ごととして受け止められるようになった高3男子君は、自分の人生は自分で支配するべきものであるということにも気づき、日本の最難関大学を目指して猛勉強を開始しました。

パソコンやアップル製品に詳しい高3男子君は、電子工学分野に進んで好きな勉強を思う存分やりたいという望みがあります。

そのうち、シリコンバレーのアップル本社に採用されました、なんて知らせが届くというのも楽しい想像だなと思ったりしてます。

無料で7日間メールが届く簡単な「CBIT療法 通信講座」を行なっております。

下記より「お名前」と「メールアドレス」をご入力の上、お気軽にお申し込みください。

CBIT療法 無料簡単 通信講座