正直言って、CBITで息子の音声チックがここまで良くなるとは思っていませんでした。

 

大阪府小5男子 T N君

◉CBIT療法を受けられる前のお子さんの状況を教えてください

小学校低学年の時から、季節の変わり目に咳払いをよくしていて、小3の春頃には担任の先生から、チックありますか?と聞かれる位に、音声チックが目立つようになってきました。

夏には治りこのまま良くなるのかと思いきや、冬ごろから音声チックの音量が大きくなっていき、それからは良くなったり悪くなったりを繰り返しながら小5になりました。

 

 

◉今回CBIT療法を受けられることを決めた理由を教えてください

小5になりいよいよ音声チックの最悪期がきました。

音声に加えて首振りなどもあって、体も痛くなり、今まで自分なりにうまくやってきた息子も、「もう限界やわ!」と言うようになりました。

チックを専門に見てくださる小児科医の先生から、CBITをされている木田さんの話を聞き、受けてみることにしました。

 

◉お子さんがCBIT療法を受けられている中で変化したこと、気づいたこと、成果があれば教えてください

セッション全体の前半では、息子はCBITに対して積極的ではありませんでしたが、少しずつ基本型を変えて、自分に合う拮抗反応を見つけていました。

ある時セッション中に、自分で見つけた拮抗反応が音声チックをバチリと止められたことでコツを掴んだようです。

それからは劇的に音声チックが減り今ではほとんど気にならないレベルにまでなりました。

 

 

◉CBIT療法を受けた感想を教えてください

正直言って、CBITで息子の音声チックがここまで良くなるとは思っていませんでした。

今では前のように大好きなサッカーに打ち込めるようになり、本当に受けて良かったです。

 

 

◉CBIT療法をどんな人に勧めたいですか

本人がチックで困っている方にお勧めしたいです。

 

◉その他、何かチック、トゥレットのお子さんをお持ちの親御さん達にお伝えしたいことなどあればご自由にお書きください

息子は、木田さんには私たちには言わなかったようなチックに対しての気持ちや、自分なりの取り組みを話していました。

木田さんは息子の気持ちに寄り添いながらも、時には厳しくCBITに取り組むようにも言ってくださいました。

反抗期入りかけもあって、私たち親の言うことは素直に聞けなくても、木田さんの言うことは、スッと本人に入っていったようです。

あんなにひどかった音声チックを克服したこと、やればなんでもできる!という本人の自信にもなりました。

CBITと木田さんに出会えて本当に良かったと息子も私たちも思っています。

 

チック症

木田のコメント

大阪府の小5男子君です。

最初のセッションの時、もうかなりの経験を積んできている私でも、その叫びチックには驚いてしまったくらい、小5男子君の叫びは凄まじいものでした。

普通だったら音声チックを止めるのに絶大な威力を発揮する、呼吸による拮抗反応をやらせてみましたが、全く叫びが止まりません。

私自身初めて経験するような激しい音声チックの衝動だったのです。

セッション4回目まではほとんど進捗が見られませんでした。

これはもう無理なのではないか。

そんな逃げ出したくなるような思いすら私の脳裏を横切っていました。

セッション5回目で初めて、お、これなら止まるのではないか!?と思えるような拮抗反応を発見し、その後は小5男子君が自分自身で工夫を重ねて、これぞ〇〇〇オリジナル拮抗反応と言えるようなやり方を編み出し、叫びをほぼ制圧してしまったのでした。

ところが、叫びチックがあらかたなくなったと思ったら、今度は激しい首振りチックが出現し、これも小5男子君のオリジナル拮抗反応で何とかなりそうな気配が少し見えたくらいの状態で最終回を迎えました。

もう何回か延長しないと難しいだろうなと思って迎えた最終回でしたが、なんと小5男子君は叫びも首振りもほとんどない状態を見事に作り出していたのでした。咳払いが多少あるかなくらいの、最初のセッションがあんなだったというのが信じられないような劇的な変化でした。

最終回のセッションで、チック階層表を更新しながら、私は鳥肌が立つのを感じました。

CBITって、こんなすごいこともできるのか。

CBITがと言うより、小5男子君の努力が凄かったのです。

あれほどの衝動に屈することなく、諦めずに工夫を重ね、小さなコツを積み重ねてオリジナルの拮抗反応を作り出したその粘りには脱帽するしかありません。

トゥレットの子たちって、恐ろしく向上心の強い子が多いです。

激しいチックがあっても負けていない。

真面目で前向き、なんか知らんけどポジティブです。

運動か勉強あるいは芸術や趣味、何かに大抵秀でています。

そういう彼ら彼女らが、CBITでチックに苦しめられなくなったら、きっと周りを引っ張っていくリーダーになっていくに違いない。

今回の小5男子君の奮闘を見ていて、そんな風に思えたのです。

無料で7日間メールが届く簡単な「CBIT療法 通信講座」を行なっております。

下記より「お名前」と「メールアドレス」をご入力の上、お気軽にお申し込みください。

CBIT療法 無料簡単 通信講座