チックを発症して3年間、チックフリーになったことはなく、とても驚いています。

熊本県小6男子S K君

◉CBIT療法を受けられる前のお子さんの状況を教えてください

小学3年生の時、突然首をスライドさせるチックが始まり、それからは頭を振る、瞬き、舌を出すなど様々なチックの症状が出るようになりました。
学校の授業中、椅子に座れなくなるような体幹チックが出るようになり、学校生活に支障が出始めたので、児童精神科を受診してエビリファイを服用するようになりました。
しかし、服薬してもチックの症状は変わらず、一年程服用すると副作用に悩まされ、断薬することになりました。
小学5年生になると運動チックだけではなく、鼻を鳴らす、咳払い、喉を鳴らすなどの音声チックも加わり、強迫症のような症状(便器に2回触ってからではないとおしっこをしない、走る前に地面を触ってから走る、など)も出始め、どんどん酷くなっていく症状に親である私が精神的に参っていました。

そんな中、本人は大きな動きのあるチックにしか気付かず、学校では先生や友達の理解があったからか、困っている様子はありませんでした。

◉今回CBIT療法を受けられることを決めた理由を教えてください

エビリファイで副作用が出たことで、子供に精神薬を服用させるのは怖いと感じるようになりました。
医師に、薬がダメならCBITをしてほしいと伝えても、「日本にチックのCBITが出来る人はいないと思いますよ。」と言われました。それなら親である私がCBITをするしかないと思い、買ってきた本を参考にCBITをするも、子供は「これはチックじゃない!」とチックの様々な症状を認めてくれず、全く上手くいきませんでした。
しかし、友人から日本でもCBITをしている人がいるとの情報を聞き、木田さんのブログを教えてもらって子供に話したところ、「お母さんじゃない人がするCBITならしてみたい。」と言ったので、CBIT療法に申し込みました。

◉お子さんがCBIT療法を受けられている中で変化したこと、気づいたこと、成果があれば教えてください

大きな成果は、チックに気付くようになったこと、チックをしていることを認めるようになったことです。
親がCBITをしても、反抗期の子供は反発するだけでしたが、第三者の木田さんの話は素直に聞き、徐々に私とのCBITの練習もきちんとしてくれるようになりました。
我が子の場合は、CBITをすることで、段々とチックの種類も頻度も減っていき、最後にはチックフリーの状態になりました。
チックを発症して3年間、チックフリーになったことはなく、とても驚いています。

◉CBIT療法を受けた感想を教えてください

子供は毎週あるCBITを楽しみにしていました。
治療という感じは全くなく、世間話をしながらのCBITは時間が経つのもはやく、あっという間に1時間経っていました。
子供のチックの様々な症状に対する拮抗反応も教えて頂き、とても助かりました。

◉CBIT療法をどんな人に勧めたいですか

チックで悩む全ての人に勧めたいです。

その他、何かチック、トゥレットのお子さんをお持ちの親御さん達にお伝えしたいことなどがあればご自由にお書きください。

チックやトゥレットに対する世間の理解はまだまだだと思います。
医師ですら、親が厳しいからではないか、と、心ない言葉を投げ掛けてきたこともありました。
先の見えない不安に押し潰されることも度々ありましたが、CBITを受けることで、新たなチックが出てきても、大丈夫!CBITがある!!
と前向きな気持ちを持てるようになりました。
CBITを受けようかどうか悩んでいる方がいたら、副作用のないCBITをぜひ試してみて欲しいと思います。

木田のコメント

熊本県の小6男子君です。

添付写真のチック階層表を見ていただけるとわかるように
最初は数字(不快指数)が大きなチックがいくつもあったのに
最後のセッションの時には
チックが何もなくなっていて
完全にチックフリー!

することないので早仕舞いしました💦

ひと月経った今もチックフリーなんだそうです

サッカーの得意な小6男子君

ハムスター買ってもらって大事に育ててます

セッションの時には私の愛犬ビリーも飛び入り参加したりして
セッションだかおしゃべりだかわからん時間でしたが
チックフリーはすごいね!

無料で7日間メールが届く簡単な「CBIT療法 通信講座」を行なっております。

下記より「お名前」と「メールアドレス」をご入力の上、お気軽にお申し込みください。

CBIT療法 無料簡単 通信講座