CBITを知り、木田先生と出会えた事で、人生が大きく変わったと息子は言っています

兵庫県小6男子S Y君

◉CBIT療法を受けられる前のお子さんの状況を教えてください

息子はチックの症状に波があり、落ち着いている時期は見た目にはあまりわからない程度でしたが、ひどい時期は授業を受けるのも難しく、休んだり保健室に行ったりという事をしていました。

小学校2年生くらいからチックが少しずつ始まり、6年生の今まであらゆる症状が年々増えてきている感じでした。

CBITを受ける直前はかなりひどい時期で、音声チックもひっきりなしで止まらず学校に行くのも習っている野球に行くのも、周りの方に話して事情を説明して理解して頂いていたとは言え、それでもかなり苦しい状況で過ごしていました。

◉今回CBIT療法を受けられることを決めた理由を教えてください

藁にも縋る思いで病院に行ってみても気休め程度の漢方を出してもらえただけだったりで、特に良くなることもなく、また症状が落ち着いて来るのを待つしかない・・・しかも本当に落ち着いてくるかもわからない、という不安と諦めの日々でした。

 そんな中で主人がネットの情報を色々調べていて、辿りついたCBITでした。

主人は以前から行動療法のようなものを教えてもらえる機関は無いのかと考えていたようで、CBITを知り、是非受けてみたいと相談して来て、私も薬などは心配だったのですが、CBITならその心配も無いですし、申し込んでみようと言う話になりました。

◉お子さんがCBIT療法を受けられている中で変化したこと、気づいたこと、成果があれば教えてください

CBITを受ける前は特に症状がひどい時期だった事もあり、勉強もスポーツも思うように出来ず、本来明るくポジティブだった息子が、だんだん卑屈な事を言ったり、自信を無くしているような発言をよくするようになっていました。

それがCBITを受けていくうちに症状が落ち着いて来て、それと同時にまた以前のように前向きな発言が増えて来て、それが一番うれしい変化でした。

◉CBIT療法を受けた感想を教えてください

受け始めて3〜4回目の時までは、正直親も子もつらかったです。

今まであえてそっとしておいたチックの症状を、常に本人にチックが出ていると意識させる事からC B I Tは始まるので、指摘する側もされる側もかなりストレスで、言い合いも増え、症状も増え、このままでは逆に悪くなってしまうんじゃないかと悩みもしました。

しかし、そんな時でも週1回ほどのセッションの時に木田先生に相談させて頂き、その都度親の対応の不適切だった部分なども教えて頂けた事で、やり方を修正したり、もう少し頑張ってみようと励まされたりであきらめずに頑張れました。

4〜5回目からは目に見えて症状が落ち着いて来て、本人も多少の衝動なら出る前に止められるようになった、と言いだし本当に驚きました。

息子も途中は相当つらかったようで、泣き言もたくさん言いましたが、それでもトレーニングをよく頑張ってくれてました。

その結果として成果が出てきた事は大きな自信になったと思います。

今ではC B I Tをスタートした頃とは比べ物にならないくらい落ち着いており、担任の先生にも最近は全く症状に気づかない程だと言われるほどになりました。

 

◉CBIT療法をどんな人に勧めたいですか

すべてのチック、トゥレットで苦しんでいる方にお勧めしたいです。

今までどうすることも出来ないと思っていた事に、薬も飲まずに対処する方法があると言うことを知ってもらいたいです。

もしかしたら思うように成果が出ない事もあるかもしれません。

でも、家族の中だけで苦しまず、家族以外に詳しく事情を分かってくれて、相談出来る人がいてくれると言うのは、とても救いになります。

◉その他、何かチック、トゥレットのお子さんをお持ちの親御さん達にお伝えしたいことなどあればご自由にお書きください

すべての人に当てはまるかは分かりませんが、うちの場合はCBITセッションの数回目に症状がかなり落ち着いて来た頃、ここでもう一押しと、ゲーム、YouTubeなどをやめました。
それも大きかったかと思います。

息子はゲームが何より好きで、苦しい日々の中の唯一の楽しみと言っていたので、チックにはよくないのではと思いつつ今までかわいそうでやめさせる事は出来ずにいました。

しかしCBITを始め、一度本気で症状と向き合わないといけないと話し合い、木田先生からも目からの刺激のある情報はかなり悪い影響が大きいとお聞きし、息子は泣きましたが、それでも受け入れて頑張ってくれました。

この二つ(CBIT,ゲーム我慢)を同時に頑張りだした頃に効果はてきめんに現れました。

ゲームが出来なくなった代わりに、出来るだけ家族でカードゲームなど、空いた時間を楽しく過ごせるようにしました。

息子は今でもゲームをやりたいとは言いますが、本人も今やればまた症状がひどくなるかもという気持ちもあって自分なりに納得しているようですし、今まで帰宅したら決まった友達と即ゲームだった時間が、公園でたくさんの友達と遊ぶ事が増えたり、私から見たら良い変化も多くあるように思います。

息子にはまだ残っている症状もあり、油断はできませんが、CBITに出会って、チックは自分でコントロール出来ると知った事は大きな自信になったようです。

CBITを知り木田先生と出会えた事で、今後の人生が大きく変わったと思うと息子は言っています。

今まさに苦しんでおられる方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、CBITセッションを受けて頂いて、希望の光を見つけてもらいたいと願います。

この度は本当にありがとうございました。

木田のコメント

兵庫県の小6男子君。

最初のセッションで顔を合わせた時は、大きな声の出る音声チックがひっきりなしに出ていました。

他にも顔しかめチックや瞬きチックなど、色々なチックが出放題で、本人は我慢しようとしているのだけれど止めようがなく、チックに翻弄されているような感じでした。

まずは一番目立つ音声チックを呼吸法を使って止めていきました。

かなり強い衝動が、音声チックを止める尻から次から次へと押し寄せてくるので、小6男子君はとても苦しそうでした。

それでも、彼はとても聡明で、自分のチックに対して自覚的で、自分の状態を

客観的に見ることができていました。

そして、何より大事なことに、このチックをなんとかしたい、このチックをなんとかするという強い意志が感じられたので、ああ、この子は必ずCBITで結果を出すだろうなと確信したのを覚えています。

お母さんが感想文にも書いておられるように、4回めのセッションくらいまでは必死にCBITでチックを止めにいく努力を続けていたにもかかわらず、衝動が減っていきませんでした。

私自身も、これはすごく強い衝動だな、もしかしたらなんともならんのではないか?

と思わずにはいられないほどでした

それが5回めのセッションあたりになると、ガクッとチックの衝動が減っていて音声チックがほとんどなくなっていました。

音声チックが出そうになっても、衝動を感じた途端にCBITで止められると言います。

でも、そもそもその衝動自体があまりやってこないようになっていました。

お母さんが書いておられるように、ゲームを全面禁止にしたのも大きく効いているようでした。

CBITには、呼吸や拮抗反応でチックを止めていくハビットリバーサルだけではなく、チックを増悪させている環境条件はいったいなんなのかを絞り込んでいく、機能に基づく評価というやり方も含まれています。

家族やクラスメイトによる叱責や指摘、じろじろ見られる、ゲーム、youtube、テレビなど、チックを悪化させている条件を見つけたら、それにどう対処するかを考えていく、そういうこともプログラムの中に含まれています。

小6男子君は襲いかかってくる衝動の波に抗い、チックを止めると全身に痒みが走るという奇妙な症状にも耐え、大好きなゲームができないという楽しみを奪われた状況の中で実によく戦いました。

そして、最後のセッションが終わる頃には、あれ、チックはどこにいったの?

と思うほど、チックを制圧した状態に至っていました。

チックに翻弄されなくなったこの小6男子君の将来が、私は楽しみで仕方ありません。

無料で7日間メールが届く簡単な「CBIT療法 通信講座」を行なっております。

下記より「お名前」と「メールアドレス」をご入力の上、お気軽にお申し込みください。

CBIT療法 無料簡単 通信講座