ざっくり言うと、CBIT(シービット)療法というのは、
チック症状を和らげるためのトレーニングと環境づくりのことです。

CBIT(シービット)というのは

Comprehensive(包括的な)
Behavioral(行動的な)
Intervention(介入)
for
Tics(チックのための)

つまり、「チックのための包括的行動的介入」の頭文字をとった略称です。

<包括的>というのは分かりにくい文言ですが、チックの症状を和らげるための「ハビットリバーサル」という核になるトレーニングだけではなく、どういう状況や環境でチックが出やすくなるのかを把握して、チックが出にくい環境を作っていったり、学校や友人、職場、地域などのチックに対する理解を求めていったり、リラックスの仕方を学んだりと、いろいろなことを含んでますよという意味です。

<行動的>というのはどういうことかというと、CBIT(シービット)のチックを和らげるやり方が、行動療法という心理療法の考え方を取り入れたものだという意味です。

<介入>はどういう意味かというと、この場合は働きかけと解釈すれば分かりやすいです。

まとめますと、CBIT(シービット)というのは、環境づくりやリラックスの仕方や何やかやをいろいろ含んだ、行動療法的にチックを和らげ減らしていく働きかけ方ということになります。 

チックの発症は脳の機能障害に起因するものですから、子育ての仕方は関係ありません。

ただ、いったん発症したチックの出やすさは、家庭や学校などの生活環境の中で発生してくる様々なストレスによってかなり影響を受けることが知られています。

CBIT(シービット)の核になるのは「ハビットリバーサル」という行動療法的なテクニックです。

チックの前駆衝動に気づいて、それに対する「拮抗反応」という一種のブロックをすかさず入れていくというやり方です。
この核となるハビットリバーサルに加えて、チックが出やすい環境を改善していくことも大事なポイントになります。
学校の先生や、友達、友達のお母さんたちに、お子さんがチックあるいはトゥレット症を持っていて、周囲のサポートと受容が必要なことの説明とお願いをしていくことで、徐々に環境を改善していきます。

お子さんがチックを出すと、周りの子供が馬鹿にしたり、真似したり、からかってきたり、いじめの対象にされたりすることが多いです。

チックやトゥレットのことをほとんど知らない先生も多いですから、うるさい、静かにしろ、と先生に叱られるかもしれません。

そういうことが続くと、お子さんの心は傷つき、ストレスがどんどん溜まっていきます。

からかわれないよう、叱られないよう、お子さんは学校で一生懸命チックを我慢します。

そのことが余計にチックを増やしてしまうのです。

学校から帰ってきたお子さんが、急に音声チックや運動チックを爆発させるということを経験したことのあるお母さんも多いのではないでしょうか。

学校ではチックは受け入れられない、という思いが、お子さんの心に重くのしかかっているのです。

学校の先生や子供達がチックやトゥレットのことを理解して受け入れてくれたら、お子さんのストレスは大幅に減っていきます。

そしてそのことがお子さんのチックを改善することに重要な役割をすることになります。

CBIT(シービット)のプログラムの中の、チックそのものをブロックしたり、目立たなくする「ハビットリバーサルトレーニング」は、お子さん自身がやる気を持って日々積み重ねていかねばなりませんが、お母さんには環境を改善していくという重要なミッションがあります。

お母さんとお子さん、そしてCBIT(シービット)プラクティショナーが一緒になって作り上げていく、それがCBIT(シービット)療法です。

色々と専門用語が出て来ましたが、下の通信講座を読んでいただければ詳しい説明が受けられます。

無料で7日間メールが届く簡単な「CBIT(シービット)療法 通信講座」を行なっております。

下記より「お名前」と「メールアドレス」をご入力の上、お気軽にお申し込みください。

CBIT(シービット)療法 無料簡単 通信講座