日本CBIT(シービット)療法協会代表
木田哲郎のプロフィール

1959年東京新宿生まれ。
父親は電力会社社員、母親は専業主婦。
父母ともにチック症状なし。
2歳から大阪府で幼少期を過ごす。

小学3年生の終わり頃、チック症状を発症

大阪府の豊中市団地から枚方市の一軒家に引っ越ししたのと同時に瞬き、
口舐めなどのチック症状を発症。

顔をしかめる、指をくねくねさせるなどの運動チックと、鼻をすする、咳払いするなどの音声チックが次々と現れる。
上級生にチックをからかわれて悔しい思いをし、同級生からも仲間に入れてもらえないことの多い暗い小学校時代を送る。

高校1年生の時に京都の森田療法による神経症治療で有名な神経科病院でチック症と診断される。
鎮静剤で眠らされるという治療を数ヶ月間受けた後、投薬治療に変更されるも効果はなく、ベンゾジアゼピン系の薬物依存となる。
トゥレットに随伴する自閉症スペクトラム性コミュニケーション障害もあり、友人に恵まれない高校時代を過ごす。

その後、北海道大学理学部に入学。
トゥレット的に強迫的な猛勉強をし過ぎたため、入学後無気力に陥る。
何人かの一生の友達に恵まれ、気力を取り戻して無事卒業。

化学系の一部上場企業に入社。

英語力と熱意を買われ、アメリカ現地法人立ち上げのためシリコンバレーに単身渡米。

現地法人社長としてアメリカ中を走り回って販路拡大に成功するも、ITバブル崩壊と911同時多発テロで撤退が決まり、5年間の駐在生活に終止符を打って帰国。

帰国後は、本社で執行役員として新規事業に注力、新しい分野の開拓に成功。

悩まされ続けたチック、トゥレットだったが、重症者はこれといった治療法も対応策もなく、
過酷な人生を送っていることを知り、何かできないかと模索。

欧米では学界でも認められて、普及しつつあるCBIT(シービット)療法という副作用のない行動療法があることを知り、日本でもCBIT(シービット)療法を普及させることを決意。

一般社団法人日本CBIT(シービット)療法協会を設立して、チック、トゥレットに苦しむ人たちのために活動している。

主な資格

・アメリカトゥレット協会認定CBIT(シービット)プラクティショナー
・全米催眠療法士協会認定インストラクター
・全米NLP協会認定マスタープラクティショナー
・マネークリニック公認トレーナー
・ストレスクリア協会認定トレーナー

無料で7日間メールが届く簡単な「CBIT(シービット)療法 通信講座」を行なっております。

下記より「お名前」と「メールアドレス」をご入力の上、お気軽にお申し込みください。

CBIT(シービット)療法 無料簡単 通信講座