CBITを受けていくと、息子の表情が変わり、昔の笑顔が戻ってきました。

 

兵庫県18歳男子 SK君

◉CBIT療法を受けられる前のお子さんの状況を教えてください

息子が中学2年生の冬頃から、咳払いチックが出始め、受験勉強のストレスからだと思い、そのうちに治るだろうと軽く考えていました。

しかし治まるどころか、益々頻繁に出るようになり、心療内科を受診、薬を処方され、薬漬けの毎日が始まりました。

「チックに効く」と耳にすると、藁にもすがる思いで、情報を集め、漢方薬、鍼灸院、整骨院、耳鼻科、心療内科、内科 と何処へでも連れて行きました。が、効果は現れず。

高校生になると、音声チックの種類、頻度も増え、ひどくなっていきました。

また、薬の副作用で眠くなり、いつのまにか息子の表情から笑顔が消えてしまい、とても辛くなりました。

 

◉今回CBIT療法を受けられることを決めた理由を教えてください

大学に合格したものの、やはり自分のチックの困り度が高く、「何とかして止めたい」と、インターネットで治療法を必死で探していた息子本人が、「すごくいいもの見つけた」と目を輝かせて教えてくれたのが、木田さんのホームページでした。

CBITを受けた人達の感想などを見て、「絶対にやりたい」と強くお願いされたのを覚えています。

私自身、それを読ませてもらい、木田さんの チックで悩んでいる子供達へのメッセージや、親へのメッセージに感動し涙が出ました。

こんな温かい先生にCBITをして頂きたい‼︎

息子を助けてもらいたい‼︎

と、とても思い、すぐに決めました。

 

◉お子さんがCBIT療法を受けられている中で変化したこと、気づいたこと、成果があれば教えてください

CBITを受けた初日から、息子の音声チックが激減していて感動しました。

チックが出そうになったら拮抗反応(呼吸法)をし、コントロールできているのに驚きました。

今迄は、チックに触れないように、気づかないフリをしてきましたが、毎日モニタリング表を書くことにより、その日の自分のチックに向き合える時間ができ、明日も頑張ろうという励みにもなり、それがすごく良い方向に作用していたように思います。

息子が変化したことのひとつに、自分のチックを個性のひとつとして受け止め、「これも自分」と思えるようになったことにより、大学、バイト先などに、堂々とカミングアウトできるようになったことです。

 

◉CBIT療法を受けた感想を教えてください

息子に感想を求めたところ「大満足」このひと言でした。

私も息子と同様に「大満足」です。

18歳になった息子に、果たしてCBITは効果があるのか。半信半疑で始めましたが、とっても大きな効果があり、大変嬉しく思います。

CBITを受けていくと、息子の表情が変わり、昔の笑顔が戻ってきました。

今は大学生活を楽しみ、一人暮らしをしていますが、新しい生活のストレスもなく、チックはほとんど出ていないようです。

本当に、木田さんとCBITに感謝しかありません。ありがとうございました。

そして、頑張った息子にも拍手です。

 

◉CBIT療法をどんな人に勧めたいですか

ほんの少しのチックにでも悩んでいる方皆さんにです。

息子のチックに気付いた時に、CBITに、そして木田さんに出会えていたら、息子の悩む時間や苦しむ時間が、もっと少なくてすんだのかも、と考えると‥。

出来るだけ早い時期に始めて、その後の人生を楽しめる方が良いように思います。

◉その他何かチック、トゥレットのお子さんをお持ちの親御さん達にお伝えしたいことなど、あればご自由にお書きください。

本当に木田さんのCBITは「おススメ」です。

子供は勿論ですが、私達親も、木田さんと話しているうちに、心がとっても軽くなり、毎日が笑顔になりました。

CBITは高校生までが効果的だとききましたが、大学1年18歳で始めた息子でも、効果大でした。

年齢が高くても諦めずに是非CBITを受けて下さい。

チック症

木田のコメント

兵庫県の18歳男子君です。

大阪の公立大学に合格した後にCBITセッションを受けてもらいました。

将来は公認会計士を目指している前途有望な好青年です。

私はCBITがよく効く年齢の上限は14歳くらいかなと思っています。

脳が固まりきらない年齢の方が、CBITを習慣化するのには良いように思うからです。

ダグ・ウッズ博士などの実証実験でも、12歳までの子供と成人した大人では、顕著な効果の出方にはかなりの差がありました。

しかしながら、年齢が高いとそれだけモティベーションも高くなり、多少のしんどさを克服していく馬力が出てきますので、やる気のある人なら15歳以上でも十分に効果は出るようだなと最近考え方を変え始めています。

ただ、小学生くらいの年齢の子たちのような、チックフリーになりましたみたいな感じにはなかなかいかないということも確かにあります。

CBITはチックフリーを目指すものではありませんので、本人と家族が十分にチックが減ったと感じられればそれで成功です。

せっかく大学に合格したのに、コロナウィルスのせいで長く大学での講義が始まらないままでしたが、やっと最近大学の門が開いたようで、18歳男子君も初めての一人暮らし、初めての大学生活をエンジョイし始めたようです。

素直でトゥレットに特有の性格良さそうな青年なので、友達もいっぱいできて楽しく学生生活を送れそうです。 公認会計士の勉強は甘くないので、頑張ってくださいね!

無料で7日間メールが届く簡単な「CBIT療法 通信講座」を行なっております。

下記より「お名前」と「メールアドレス」をご入力の上、お気軽にお申し込みください。

CBIT療法 無料簡単 通信講座