あんなにひどかった音声チックがみるみる落ち着きました。本人もびっくりし、とてもうれしそうでした。

◉CBIT療法を受けられる前のお子さんの状況を教えてください

小学5年生の9月頃から鼻をすするようになり、風邪かアレルギー鼻炎かなと思っていました。
ところが、鼻すすりから、ンン、アッなどの音声に変化し、ネットなどで調べるとチックの種類の一つだとわかりました。
音声チックは、学校でもみられ、友達にも「それ何?」と聞かれることもあったみたいですが、本人は、鼻炎のせいなどと話していたみたいです。
症状が悪化しているときは、鍼灸院や整体に行き様子をみていました。
音声チックも良くなったり悪くなったりと繰り返していましたが、学校へも問題なく行けていましたし、1年以内には治るだろうと思っていました。
6年生になり、音声チックは相変わらずありましたが学校ではあまり出ないようでした。
家ではチックがよくみられ、気にはなりましたが、指摘するのはよくないと思い、そっとしていました。
今年の1月に突然音声チックが悪化し、甲高い声が出るようになり聞いているのもつらい状況になりました。
本人も止めることができずしんどそうでした。

鍼灸院や整体も再開し、エビリファイ0.5錠の内服を開始しました。
また、本人の体質にあった漢方薬を内服したほうがいいと思い、漢方外来を受診し処方していただきました。
内服を開始して1週間くらいで音声チックが落ち着いてきたので、症状がもう少しよくなれば減量していこうと思っていましたが、2月下旬にまた音声チックがひどくなり、寝ている以外は絶え間なく甲高い音声チックが出ている状況でした。
エビリファイも量を増やしましたが、効果はみられませんでした。
外出先でも抑えることができず、本人もあまり外に行きたがらないようになりました。
音声チックを気にしないようにしてはいましたが、主人も私も毎日どうしていいのか解らず精神的にまいっていました。

主人が日々ネットでトゥレット症候群を調べているとき木田さんのCBIT療法に出会いました。

◉今回CBIT療法を受けられることを決めた理由を教えてください

CBITを受けられた方の体験談を読み、試してみようと思いました。
4月から中学生になり、新しい環境になるため今の状況が少しでも良くなればと思い本人に話しチャレンジすることにしました。

◉お子さんがCBIT療法を受けられている中で変化したこと、気づいたこと、成果があれば教えてください

CBITのセッション開始数日前に、音声チックが絶え間なく出て、本人がかなり疲弊していました。
主人も私もどうしてやったらいいかわからず途方に暮れ、木田さんにメールをしました。
すると、すぐ返信があり呼吸法を教えていただきすぐに実行しました。すると、あんなにひどかった音声チックがみるみる落ち着きました。
本人もびっくりし、とてもうれしそうでした。
CBITで音声チックがよくなり、表情も明るくなりました。また、イライラすることも少なくなったように思います。

◉CBIT療法を受けた感想を教えてください

教えていただいた呼吸法で音声チックが劇的に減ったので、とても驚きました。
CBITをするまでは、この子の将来が心配でたまりませんでしたが、CBITでコントロールできることを知りとても心強いです。

木田さんに出会え、セッションを受けて本当によかったです。

◉CBIT療法をどんな人に勧めたいですか

チック症状で困っている子供さんや親御さんにお勧めしたいです。

◉その他、何かチック、トゥレットのお子さんをお持ちの親御さん達にお伝えしたいことなどあればご自由にお書きください

トゥレット症のお子さんがいらっしゃる方が周りにはおらず、毎日悶々と過ごしネット検索の日々でした。
トゥレットの悩みを共有できる友人もいないため不安に押しつぶされそうなことも多々ありました。
木田さんに出会い、シービッターズの方々とつながることができ、自分一人だけがこんなに悩んでいるわけではない事がわかり精神的にも助けられました。

本当にありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。

木田のコメント

愛媛県の今はもう中1の男子君です。
チックはほぼ音声チックだけで、それもセッションを始める前のメール相談で呼吸法をお伝えしたところ、ほとんど止まってしまいました。
途中、セッション2回目くらいの時に、友達とゲームをたっぷりやったら、せっかく止まっていた音声チックがぶり返し、ああ、やっぱりゲームはチックに良くないなあと実感するようなことはありましたが、その後またCBITの呼吸法をやることで、ほぼ音声チックは征圧することに成功しました。
この男子君の場合、大きなチックが音声チックだけしかなく、おそらく衝動もあまり強くなかったのではないかと思われます。
そのおかげで、呼吸法をちょこっとやるだけで、音声チックがあらかた消えてしまったのでしょう。
音声チックは比較的止めやすいチックであると思っていますが、子供によってはなかなか止められないこともあるようです。
衝動の強さの違いなのか、本人の意志の違いのせいなのか、個人差の理由はよく分かりません。
ただまあ、熱心に練習する子はまず間違いなく良い結果を出すというのだけは間違いないようです。
休校が終わって学校が始まり出している今、新しい学校生活のストレスでチックの衝動も増えてくるのでしょうが、この男子君の場合はうまく凌いでいくのではないかと感じてます。

無料で7日間メールが届く簡単な「CBIT療法 通信講座」を行なっております。

下記より「お名前」と「メールアドレス」をご入力の上、お気軽にお申し込みください。

CBIT療法 無料簡単 通信講座