毎日涙が出るほど不安だった私は、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

愛知県小4男子S H君

◉CBIT療法を受けられる前のお子さんの状況を教えてください

小学2年の頃より口すぼめや、服の襟をひっぱるなどがありました。

強い喉の痛みを訴えた後からは、咳払いが始まりました。

私はチックだとはわからずに、指摘してやめるように注意していました。

やめたくても勝手にでちゃう!と言った息子の言葉でチックだと気づきました。

その後チックは治ることはなく、次から次へといろんな音声チックの症状が増えて運動チックも激しく出るようになりました。

身体の疲れや、精神不安、睡眠障害もあり、とにかくできる事をと思い、小児はりでケアして、漢方薬を服用しました。

こうして、効いているのかよくわからないまま3年間が過ぎていきました。

◉今回CBIT療法を受けられることを決めた理由を教えてください

 ネットや本などでチック・トゥレットについて調べてみましたが、病院に行っても治らない事、薬による副作用がある事、発達障害の一種で、他にも併発しやすい合併症がある事、知れば知る程、絶望感でいっぱいでした。

息子はあまり困ってないようでしたし、何をしてもだめならば、今はあたたかい無視をして、気づかないふりをして、成長と共に落ち着くのを待とうと思っていました。

しかし、一日中止まる事のない音声チックに、私はとても疲れて苦しくて心と身体が壊れてしまうような状態でした。

 そんな時にCBITに出会いました!
内容を知れば知るほどこれしかない!と確信してついに息子にカミングアウトしてすすめました。

本人はやはりあまり困ってないようで悩んでいましたが、これから修学旅行や、卒業式、テストなど、参加が困難になること、楽しく学校に行くための最善の手段である事を伝え、理解し、決心してもらいました。

◉お子さんがCBIT療法を受けられている中で変化したこと、気づいたこと、成果があれば教えてください

まず、1番最初のセッションで、チックをブロックするトレーニングを教えて頂き練習したんですけど、咳払いチックがまったく出てこないのに、とても驚きました!

でも、セッション終了後にはいつも通り10秒に1回咳払いをするので、これを毎日するだけでは、なかなか治らないだろうなと半信半疑でした。

ですが、セッションも4回目あたりから確実に静かな時間が増えてきたのです!

私も練習をするよう指摘して促しができるので、励ましながら息子の辛い気持ちを共有することができました。

ホームワークでは、チックの衝動をゼロにする練習に30分かかっていたのが、20分→10分→3分…ついにはチックを出したい衝動はゼロになりました。

運動チックも同様にまったく出したいと思わないという所まで落ち着きました。

この途中では、私が指摘するのがうるさくて息子がイライラしてケンカもしました。

本人の努力無しにはCBITは成立しませんので、セッションを受けられる今がチャンスなんだと、しっかり説明して、ごぼうびで本人の意識を高めてやる気をMaxにさせることでよい結果につながりました。

◉CBIT療法を受けた感想を教えてください

たった2ヶ月で全ての症状が軽くなり、学校に安心して通えるようになりました。

何年もチックで悩みましたが、1番効果が実感できたのがCBITなのです!
CBIT
のビデオセッションは本当に素晴らしいです!

チックのせいで外出する難しさを感じずることもなく、自宅で落ち着いて安心して受けられるのですから。

初めての人や場所が苦手で、面倒くさがりな息子も緊張は初めだけ…途中からはどんどん態度が大きくなり(木田さんすみません)最後まで楽しく話を聞くことができセッション終了できました。

本人は学校でも家でも、よく努力して頑張っていました。

チックの症状が出なくなり、コントロールできるようになると、自信がついて笑顔が増えました。

あんなに動いてうるさかったチックがまったく出てないね!
やってよかったと言っております。

CBITセッションを始める前はあまり困ってないと息子は言っていましたが、首が動けば肩も痛み、咳が出れば喉も痛み、辛い身体に付き合うためには自分の気持ちと身体にフタをして、何でも無いと思い込むしかなかったのだと思います。

毎日涙が出るほど不安だった私は普通の日常が送れるだけで、息子の笑顔が見れるだけで、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

これからも息子と共にCBITを続けていきます。

息子にはチックに負けない人生を歩んでいって欲しいと切に願います。
ありがとうございました。

◉CBIT療法をどんな人に勧めたいですか

チック・トゥレットに悩む全ての人にお勧めしたいです。

私自身かなり検索しないとCBITという言葉にたどり着けなかったので、子どもがチックになってまず困ったときに相談するであろう、学校など教育機関の先生方や、小児科の先生方などに、CBITの良さと知識を知ってもらって、こんなのもありますよと伝えてもらえたらと思います。

◉その他、何かチック、トゥレットのお子さんをお持ちの親御さん達にお伝えしたいことなどあればご自由にお書きください

どうして自分の子がチックになんかなってしまったのか⁈

毎日いろいろ後悔したり、原因を探したり、病院に行ったり、とても大変でお辛いと思います。

セッションを終えて症状が少なくなった息子ではありますが、チックの手強さを知っていますので、まだこの先の不安が消える事は無いですし、チックが完璧に治る何かが出てくる未来を待ち続けています。

ですが、体験したからこそ今はCBITが1番安全で効果があると言えます!是非試してみて欲しいです。

そして、「シービッターズ」の保護者のみなさんとつながると勇気が持てます!孤独ではなくなります。
一緒に頑張って行きましょう!

愛知県の小4男子君。

最初は結構数字が高かったチックの不快指数が、セッションを重ねるごとに段々と減っていき、最後には全てゼロになっているのが分かります。

不快指数というのは、そのチックに関して本人が感じているうっとおしさを数字にしたものです。

10 だと死ぬほどうっとおしい、いますぐなくなって欲しいレベルです。

0だとチック自体がない、あるいは衝動がないということになります。

この小4男子君は、小4とは思えないほど、受け答えのしっかりした男の子でした。

言うことも結構生意気☺️

でも面白い。

だいたいセッション中はおちゃらけた態度でしたが、CBITの練習は真面目にやっていたようです。

こいつは案外と大物になるのではないか、というのが私の見立てです。

セッション中にどういう態度であろうが、自分のチックをなんとかしたいという強い思いがあって、真面目に練習する子はまず間違いなく結果を出してきます。

一方でチックを自分ごととしてとらえられていない子たちは、どうしても真面目に取り組めないのでなかなか結果に結びつきにくい。

チック、トゥレットは、ADHDやOCDなど他の発達障害を随伴していることが多く、これらの障害の症状が強いとやはり、セッションに集中できなかったり、練習を頑なに拒んだりして、これも結果が出にくいです。

 

随伴障害のある子たちにも、CBITで結果を出すにはどうすればいいのか。

大きな課題です

無料で7日間メールが届く簡単な「CBIT療法 通信講座」を行なっております。

下記より「お名前」と「メールアドレス」をご入力の上、お気軽にお申し込みください。

CBIT療法 無料簡単 通信講座